営業推進契約スタッフ 2011年入社 男性 前職/鉄道会社車掌

一本筋の通った人生を見つけるために入社を決めました。

日生住建に入るまで、僕はいろんな仕事を経験しました。
機械整備士、ウェディングプランナー、電車の車掌…

今思うと、当時、自分が何に向いているのかを探していたんだと思います。
様々な経験の中から『正当に評価してくれる仕事がしたい』と考えるようになっていました。

正当な評価というと一番に浮かぶのが営業職。
成績が数字になって現れるのですから、評価基準がはっきりしています。

ところが、自分は営業に向いていなかった。
営業でなくてもきっちり評価される仕事。さらには人生を懸けられる仕事。

そんな仕事を探す中で日生住建と出会ったのです。
『営業は苦手だけど、書類作成や法律関係の仕事にチャレンジしたい』
『丁寧な仕事には自信がある』
『得意分野を伸ばして高収入を手にしよう』
確かこんな文章の書いてある求人広告でした。
早速面接に向かうと、なんと初回から社長面接でした。

社長は僕の履歴書を見て「そろそろ人生を決めたほうがいいよ」と言われました。見透かされたようでした。
「うちでプロになればいい」。そう誘ってもらったとき、目の前が開けたんです。

覚えないといけない不動産知識やスピード感を要求される契約書作成など、仕事の内容は確かに厳しいです。
でも、だからこそ学べるし、頑張ったら給与になってかえってきます。

当時の僕のように、そろそろ本気になろうと思っている人、不動産のスペシャリストになりたいと思っている人にぜひ当社をお勧めします。