賃貸営業スタッフ 2004年入社 男性 前職/アパレル卸会社勤務

知識ゼロから不動産のプロを目指し、日生住建を選びました。

高校卒業後、アパレル卸の会社で2年ほど働きました。
当時、一生できる仕事を身に着けたい!という思いがあり、映像の専門学校に進学。
インターンで映像業界の仕事にチャレンジしましたが、もっと手堅い仕事がしたいと感じました。

そこで見たのが求人情報誌。当時はネットではなく就職情報誌のビーイングだったんです。

見開きの2Pに日生住建の広告が出ていました。
『大きな広告を出すなんて成長企業なんだろうな』と思いました。
その広告には社長の写真が大きく載っていたのです。
その顔が本当に良くって、こんな人に教わりたいと思ったのです。
正直、動機はその程度でした。

でも、写真から感じた感覚は間違いではなかったんです。

面接で社長に「不動産のすべてを教える」と話をしてもらいました。

事実、不動産業の基本である法的な契約書の作り方も、物件を見る力も、すべてが身につくように指導してもらいました。物件仕入れのために数千万円を動かす大きな仕事も任せてもらいました。

入社10年を超えましたが、今では不動産の売買から、賃貸のお客さんの付け方、物件の管理方法まで、不動産のあらゆる知識とスキルがついたと思います。

私事ですが妻とは社内恋愛で結婚しました。長女も授かり、より責任感をもって仕事に打ち込んでいます。
今、『どこに行っても不動産の世界で生きていける!』という自信も手にできたと思っています。
今後は日生住建をさらに大きく成長させていく先頭に立って、社長への恩返しをしていきたいと思います。